ストレートネックによる首の痛みの改善

もはや現代病?ストレートネックによる首の痛みと改善方法

最近若い人を中心に増えている謎の首の痛み。電車や職場などで首に手をやって上を向いてる人ってたくさんいませんか?

 

というかおそらくこのページを読んでいるそこのあなた、きっと首が痛いですよね?

 

それっておそらくストレートネックの可能性が高いです。

 

スマホの見過ぎによる姿勢不良が原因です

背筋良くまっすぐ前を向いていると、首から肩にかけて自然なS字カーブになります。

 

このS字カーブが首や肩の緊張や疲労を和らげてくれる役割をします。

 

しかし、このS字カーブは姿勢が悪いと変なバランスになってしまい、結果首から肩にかけて筋に変な力がかかってしまったり、血行が悪くなったりして首の痛みにつながります。

 

特に日常生活で常にスマホをいじっていると視線は下向きになり、それが毎日続くと首のS字カーブが無くなっていき慢性的なストレートネックの原因になります。

 

その他にも、運動不足や椅子に座るときに姿勢が悪くて猫背になっている人もストレートネックになる可能性が高いです。理由は首まわりの筋肉が無く首を筋肉で支えられないからです。

 

 

ストレートネックの症状

ストレートネックの初期症状として最初は首から肩にかけてコリやしんどい感じがするのですが、その後

  • 頭痛
  • 首が上や横に向きにくくなる
  • めまりやふらつくときがある
  • 手や指さきなどがしびれてくる

などを発症し、最悪の場合、自律神経失調症うつになってしまうこともあります。

 

たかが姿勢なのですが、その姿勢を見くびるとけっこうとんでもないことになる可能性があります。

 

どうすれば治る?ストレートネックの対策

ストレートネックを直すためにはまずは姿勢です。

 

目線と同じ高さ

スマホを見るときはなるべく視線と同じ高さにするなどして下を見続けないようにしましょう。

 

また、デスクでパソコンをいじる際もディスプレイと視線はなるべく同じ高さになるよう設定しましょう。ディスプレイの高さ調整ができない場合は、ディスプレイの下に小さい段ボールや本などを敷いてあげることで高さを調整することができます。

 

椅子の背もたれに背を付けない

椅子の背もたれに背をつけると猫背の原因になります。なので極力背もたれに背を付けないで胸を張って良い姿勢をキープし続けられるよう毎日習慣づけましょう。

 

自分に合った高さの枕を使用する

寝ているときも首のS字に合った高さの枕を使用品しないとS字カーブをキープすることは難しいです。

 

できれば自分の高さに合わせたオーダーメードの枕があると理想です。

 

自分で高さが調整できるような枕で寝ると、寝ているときに自然と首のS字カーブを矯正してくれるのでストレートネックの改善に効果があると言われています。

 

オーダーメードは高いという方、オーダーメードでなくてもめりーさんの高反発枕など自分で高さ調整ができる枕はたくさんあるのでそちらを試してみてはいかがでしょうか?

 

Topページへ